違いを知って取り組もう

>

マーケットをチェック

投資をする際は情報をたくさん集めて、最も良い選択をしなければいけません。
しかしFXは、情報が少ないと言われています。
FXをする時は為替レートをグラフにしたチャートを見ながら、今のトレンドを確認するのが基本のスタイルです。
そして、通貨を売買するタイミングを決めましょう。
株取引は価格ごとに買い注文と売り注文の数がすぐにわかる、板と呼ばれる一覧表や、株取引が行われた履歴である歩み値を見ることで需要と供給のバランス、売買の様子を確認できます。

ちなみにFXでも海外の業者を使うと、株取引のように板を見ることができます。
しかし海外の業者は言葉がわからないなどのトラブルが起こるので、日本国内でこの方法を使っている人は少ないです。

源泉徴収のやり方

一定の利益を得られたら、喜んでばかりはいられません。
税金を納めなければいけないので、その方法を前もって確認しておきましょう。
しかし株取引の場合は、証券会社に源泉徴収を委託できます。
委託できれば、それほど面倒な手間は掛かりません。
この部分が、株取引のメリットだと言われます。
源泉徴収を証券会社に任せるためには、口座を開設する時に源泉徴収ありと記載されている特定口座を選択してください。

FXは自分で源泉徴収をして、確定申告を行うので少々手間が掛かります。
所得税は一律で20.315パーセントになっており、利益の約20パーセントを税金として納めるのが決まりです。
しかし通年でマイナスになっている時は、納税をする必要はありません。


しっかり税金を納めよう

この記事をシェアする