違いを知って取り組もう

全く異なる投資方法

違いを把握することで、自分にはどちらの投資が向いているのかがわかります。 FXと株取引では、時間帯や投資対象になるもの、さらにその数が異なっているので目を通してください。 FXは24時間いつでも取引ができるので、副業として投資を始めたい人に向いています。

ある程度の資金を用意しよう

まとまった資金がなければ、投資を始めることができません。 しかしFXは株取引に比べて、少ない資金で始められると言われています。 少ない資金から始めることで、資産を大量に失うリスクも減らせます。 投資に不安を抱いている人は、FXに挑戦してみましょう。

しっかり税金を納めよう

投資で稼いだら、一定の金額を税金として納めなければいけません。 それはFXでも株式でも変わらないので、忘れないようにしましょう。 忘れると、脱税したと判断される危険性があります。 株取引は証券会社が源泉徴収を行ってくれることが多く、知識を持っていない人でも楽です。

自分に向いているものとは

取引ができる時間帯が、FXと株取引で異なります。
これから投資を始めようと思っている人は、時間を間違えないように注意しましょう。
さらにFXと株取引では、投資対象になるものや数が異なります。
FXの方が投資対象になるものが少ないので、すぐに決められると思います。
株取引をする場合は、どの株を購入すれば利益を得られるのかじっくり考えてください。
ここで選択を間違えると、利益を得ることが難しくなってしまいます。

また最低必要資金額も異なり、一般的にFXの方が安い資金で始められると言われています。
資金が少ない人や、リスクを回避しながら投資をしたい人はFXを選択してください。
それぞれはレバレッジの大きさも異なり、FXは株取引よりも大きなレバレッジをかけることができます。
成功すれば大きな利益を得られますが、失敗した時のリスクも大きくなるので、最初はレバレッジを少なめにすることをおすすめします。

FXよりも株取引の方が、情報量が多いというメリットがあります。
株取引は板や歩み値などから相場の変動を一目で確認できますが、FXはそれができません。
FXはチャートを見ながら、今後に変動を予測するのが主なスタイルになっています。
それぞれは税制にも違いがあるので、確認してしっかり税金を納めてください。
株取引は証券会社に源泉徴収を任せられるので、負担が少ないです。
FXにはそのようなシステムがないので、手続きの流れを調べておきましょう。